大学受験生を応援するサイトです。耳寄りな情報満載

大学受験の為に

数学の勉強法

ココでは、数学の勉強のやり方を解説していきたいと思います。しかし、このやり方がすべての人に当てはまるわけではありませんので、あくまでも参考として呼んでください。

数学を勉強する

数学の勉強をする時には、大学受験の過去問題集を活用するといいでしょう。
基本的には、数学の問題は出るパターンが決まっていますので、過去問題集でどのような傾向にあるのかを把握する事もできますので、活用できます。

また、数学は、応用が利く教科でもありますので、1から10まですべてを勉強しなくても、ある程度勉強をすれば、その勉強したものを組み合わせて、答えを導く事ができます。

例えば、方程式の問題が良く出ると思います。極端な話、掛け算を知っていれば、方程式に応用して答えを出す事ができます。これは、極端な話ですので、掛け算だけでは答えを出せないのですが、用はこんな感じで考えていけばいいのです。

方程式を中心に

応用が利く教科ですので、方程式を覚える事に専念しましょう。足し算や、引き算や、掛け算や、割り算と言うのは、今まで何度も勉強をしていますし、日常でも使用しますので、今の時点で分からない人はいないでしょう。
あとは、コレを方程式でどう利用していくかだけなのです。
また、方程式も色々な式があります。求めるものによって使う方程式は違いますので、過去問題集を使って、どのときにどの方程式を使用するのかを勉強していきましょう。

方程式を覚えれば、ほとんどの問題を解く事ができます。あとは、この方程式をどのように使っていくかだけなのです。一つの答えを出すのに、いくつかの方程式を利用しないといけない問題もあります。
ですが、何を求めるときにどの方程式を使うのかさえ分かっていれば、躓く事はないと思います。

ですが、中には、数学の試験で一回か、二回ぐらいしか使用しない方程式もあります。このような問題は、難しい問題が多いですので、後回しにしても大丈夫です。
試験では、満点をとらなければいけないと言うのはありませんので、合格を出来るように勉強するのがセオリーです。ですので、あまり出てこないような方程式は後回しで、時間があるときに挑戦すると言いと思います。

計算は早く、確実に

いくら方程式を完璧にマスターしたからといっても、途中の計算が間違っていたり、一つの問題に時間がかかりすぎて、時間が足りなくなってしまってはどうしようもありません。
ですので、過去問題集をする時は、スピードと正確性にも気をつけるようにしましょう。

以下に早く、どれだけ正確に計算が出来るか合格への分かれ道となるのです。
ですので、まずは、方程式を覚える事から、始めます。問題集などを利用して、勉強をしていくのですが、始めは確実に覚えるために、ゆっくりと確実に答えを出していくようにします。ある程度問題をこなしていけば、どの問題でどの方程式を使うのかが分かってきます。これが分かって、さらに、方程式をすぐに頭に思い浮かべるようになれば、あとは、スピードの練習となります。

いきなり、方程式で計算をして練習をしてもいいのですが、不安がある人は、計算自体は単純だけど、桁が多い計算の練習をしていきます。
このような問題集もありますので、制限時間を決めて、なるべく多くの計算をしていきます。
時間がきたら答えあわせをしていきます。そのときに、何問回答をする事ができて、そのうち何問正解をする事ができたのかを、メモなどに書いておきます。

これを続けていけば、格段に計算のスピードが速くなります。また、計算をしなくても、答えが頭にパッと出てくるようにもなります。

あとは、これを方程式でも、応用していけばいいのです。方程式では、色々な計算方法が混ざっていますので、より確実性が必要となりますが、ある程度の計算の答えは、計算をしなくても頭に出てきますので、計算をする手間が省ける分、時間の短縮にもなりますし、間違いも減ります。

 

check

2014/9/25 更新

▲ ページトップ

ホーム

家庭教師に依頼する

大学受験勉強をする前に

暗記の方法

英語の勉強方法

数学の勉強方法

現代文の勉強方法

古文の勉強方法

日本史の勉強方法

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当サイトは、リンクフリーとなっています。皆さんご自由にリンクを張ってください。張ってくれたら、とてもうれしいです。その際に、連絡などは不要です。また、バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

大学受験の為にのバナー

大学受験の為にのバナー

Copyright c 大学受験の為に.All rights reserved