大学受験生を応援するサイトです。耳寄りな情報満載

大学受験の為に

古文の勉強法

古文と英語は似ていると思います。古文は日本語ではあるのですが、普段私達が使わない言葉がでてきて、まるで外国語のようにもみえます。
つまり、単語を覚えて、文法を覚えて、文章を勉強をすると言う形になるのです。

古文と言う教科は結構得点源となる教科になりますので、手を抜かないようにしましょう。
なぜなら、考え方は英語と同じでも、覚える必要がある単語が少ないからなのです。また、単語だけとか、文法だけを覚えたとしても正解をする事もできます。

難しいように見えて実は、すぐに理解をすることが出来るのも、古文のいいところです。

古文を勉強する

古文の勉強をするのには、とにかく古文の文章になれることが必要です。いくら日本語でも、今の日本語とは違います。今の言い方と、昔の言い方は違いますし、文章を読む順番もちがったりします。
しかし、そこは日本語ですので、はやり英語よりかは、理解しやすいと思います。

できれば、昔の書物(源氏物語など)が今の言葉に直されて出ているのもあります。そのような本を読んでおくと、分かりやすい言葉で内容を理解する事ができます。

現代文に訳された古事記などを読みながら、文法や、単語を勉強しておけば、どれがどの言葉なのか、どのような読み方なのかがさらに分かってきます。

ですが、いくら理解しやすい教科だといっても、単語を覚えて、文法を覚えて、文章に入ると言う順番は守るようにしてください。
単語を覚えて、文法を覚えて、文章に移れば、文章の勉強をしているときでも、単語や、文法の勉強の復習もすることが出来るからです。
この順番を守れば、きちんと古文を理解する事ができます。

後は、英語のときと同じような要領で勉強をしていくといいと思います。
古文でも必ず高い得点を上げることができるのです。

 

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2014/9/25

▲ ページトップ

ホーム

家庭教師に依頼する

大学受験勉強をする前に

暗記の方法

英語の勉強方法

数学の勉強方法

現代文の勉強方法

古文の勉強方法

日本史の勉強方法

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当サイトは、リンクフリーとなっています。皆さんご自由にリンクを張ってください。張ってくれたら、とてもうれしいです。その際に、連絡などは不要です。また、バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

大学受験の為にのバナー

大学受験の為にのバナー

Copyright c 大学受験の為に.All rights reserved