大学受験生を応援するサイトです。耳寄りな情報満載

大学受験の為に

英語の勉強法

ココでは、英語の勉強のやり方を解説していきたいと思います。しかし、このやり方がすべての人に当てはまるわけではありませんので、あくまでも参考として呼んでください。

英語を勉強する

英語の勉強をする時には、順番がありますので、これを守って勉強するようにしましょう。
必ず守りなさいと強制はしませんが、この順番で勉強をするほうが効率的に出来るのです。
また、英語を勉強するときには、土台をしっかりとさせていなくてはいけません。よく食物連鎖を勉強するときにピラミッドの絵を見た事があると思います。一番したが、プランクトンで、一番上が肉食動物です。
これは、一番したの土台(プランクトン)がなくなれば、最終的には、一番上の肉食動物までもいなくなってしまうという事を説明したりします。

これと同じことを英語にも当てはめるのです。
つまり、土台となる部分が単語と言うことになります。そして、その上にくるのが文法で、一番頂点にくるのが文章です。
つまり、文章を読むためには、文法も必要ですし、単語も分からないといけません。逆に言えば、一番したの単語が分からなければ、文章なんて読むことができないのです。

実際に英語を勉強する

それでは、実際の英語の勉強の方法ですが、とにかくまずは肝心な単語を勉強します。単語の勉強は、英語の勉強の中でも特に大事な事だと認識をして、しばらくは、単語を覚える事に専念します。
しかし、単語の勉強だけをしていては、不安になってくると思います。本当にこれで文章を読むことができるのかなどと考えてしまうと思います。ですが、頑張って単語を覚えたら、あとの勉強がスムーズに行きますので、しばらくは辛抱の時間なのです。

集中的に、単語を覚える事ができたら、今度は、文法を覚えていきます。しかし、ココからは、単語と同じように文法だけを集中的に覚える事はしません。
文法には初級・中級・上級と言うのがあると思います。もちろん中学一年で習うような文法は初級と言うことになりますね。
まずは、初級の文法を勉強していきます。この時、文法だけではなく、文法と一緒に単語も使って、勉強をしていくと思います。そうです。もうココから頑張って覚えた単語の成果が出てくるのです。

初級レベルの文法とそれにあうような単語で勉強をしていけば簡単な文章が出来たりしているのに気づきます。
そうです。この時に、文章の勉強もできるのです。
今は、初級レベルの文法を勉強していますので、当然初級レベルの文章の勉強もできます。このように勉強をしていけば、簡単な文章は分かるようになります。そうなれば、今度は、中級レベルに移るのです。

中級レベルでも同じように勉強をしていきます。文法も少し複雑になってくると思いますが、ある程度の文法は覚えているので、全くわからないという事は少ないと思います。
こうして、勉強をしていき、中級レベルも大丈夫だという事になってきたら、いよいよ上級レベルに移ります。

上級レベルでは、さらに複雑な文法が出てきますが、きっと対応をしていけます。それはなんと言っても、はじめに単語を頑張って覚えたからです。文法の勉強から始めて、単語が出てくるたびに覚えていたのでは、どっちも中途半端になってしまい、なかなか覚える事が出来ないと思います。
こうして、上級レベルもクリアしていくのです。

まとめる

上級レベルまで、クリアする事ができれば、長い文章でも、大体意味を理解する事が出来るようになっていると思います。普通の英会話の勉強ならそれでも一応は大丈夫なのですが、今は、受験のための勉強をしているところです。ですので、それだけではダメなのです。

やはり、試験となると、時間との勝負でもあります。いくら長文でも理解をする事ができるといっても、ゆっくりと時間をかけて読まないと理解する事ができないのでは、間に合いません。ですので、速読をする力も必要となるのです。

その為には、英文を一度日本語に訳してから、内容を理解する方法をすぐに止めるべきです。それでは、時間がかかってしまいます。
英文を読んだら、英文を英語のまま理解するのです。英文を読んで、それを後ろから訳していくのではなく、呼んだとおりに、理解をしていくのです。
その為には、文章を正確に読んでいく必要があります。始めは、ゆっくりでいいですので、英文を頭から読んでそのまま理解をするように勉強をしていきます。もしかしたら、始めはさっぱり分からないかもしれません。ですが、次第に、そのまま呼んでも理解をする事が出来るようになります。

普通に読めるようになったら、今度は、スピードを重視していきます。
これを身に付けるには、できるだけ多くの英文を何度も繰り返しながら読んでいく必要があります。
ただ読むだけではなく、英文の内容を理解しながら、読むのです。すると、次第に、自分が読んでいる速さと同じ速さで英文を理解する事が出来るようになるのです。

英語と言う教科は、勉強してすぐに結果が出るものではありません。しかし、やればやるだけ伸びる教科でもありますので、頑張ってください。

 

Favorite

最終更新日:2014/9/25

▲ ページトップ

 

ホーム

家庭教師に依頼する

大学受験勉強をする前に

暗記の方法

英語の勉強方法

数学の勉強方法

現代文の勉強方法

古文の勉強方法

日本史の勉強方法

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当サイトは、リンクフリーとなっています。皆さんご自由にリンクを張ってください。張ってくれたら、とてもうれしいです。その際に、連絡などは不要です。また、バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

大学受験の為にのバナー

大学受験の為にのバナー

Copyright c 大学受験の為に.All rights reserved