大学受験生を応援するサイトです。耳寄りな情報満載

大学受験の為に

暗記をする方法

企業する場合に必要なことは会社設立.comなどで情報収集することですが、大学受験の勉強で大切な事、
それは、暗記をする事です。どんな教科の勉強でも暗記をしなければ、答えを出す事ができません。
ですので、暗記は大切なのです。では、この暗記はどのようにすれば効率よくできるのでしょうか。

暗記のメカニズム

ちょっと科学的な話となってしまいますが、人が暗記をするというのは、脳の中にあるシナプスといわれているものが関係をしてきます。
例えば、一つの事を覚えたとします。すると、その覚えたもののシナプスが出来上がります。しかし、出来立てのシナプスは細くてすぐに切れてしまうものです。そのままにしておくと、切れてしまい、切れると、忘れると言うわけなのです。
覚えた事を忘れないようにするためにシナプスを太くしないといけません。その為には、一度覚えた事を何度も繰り返して頭に入れていく事が必要なのです。なんども同じ事が頭に入ってきたら、脳もこれは重要な事だと思い、関係があるシナプスを太くして忘れにくくするのです。

人は誰でも、忘れてしまうものです。ですので、何度も繰り返す事によって、忘れにくくする必要があるのです。
中には、自分は記憶力が良くて、一度聞いた事をなかなか忘れないという人もいると思います。しかし、このような人も、記憶力がいいのではなく、一度聞いた事などを頭の中で自然と繰り返しているからなのです。
また、人の記憶と言うのは、個人差があります。これはなぜかといいますと、集中力の差なのです。
短時間でもすごい集中力を発揮できる人は、すぐに勉強を覚える事が出来ます。しかし、あまり集中力が無い人はいつまで経っても覚えない人もいるのです。

ですが、記憶をすると言うのは、誰でも出来る事ですので、何度も繰り返すという事さえ守れば大丈夫なのです。

暗記をする方法

暗記をするには、繰り返しやるといいました。では、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。

そこで、一つ例題を出してみたいと思います。
暗記が必要な科目で英語があります。これはまず、単語を暗記しないといけませんね。単語がわからないと、文章を読むことも出来ませんからね。

単語を覚えるときには、とにかく勢いよくが目標です。だらだら一つずつ覚えていたのではどうしようもありません。あと、単語と、日本語をセットで覚えるようにしましょう。

例えば、eatと言う単語があるとします。これを覚えるために、スペルを一つずつ覚えるのではなく、
eat・食べる eat・食べる・・・・・と言うように、何度も英語と日本語をセットで覚えるのです。また、この時に必ず声に出して覚えるようにしてください。見て覚えるよりも、声に出したほうが覚えやすいからなのです。
出来るのなら、100回くらい繰り返して声に出すといいでしょう。そうしておぼえた単語は、eatと出ると、すぐに食べると頭から出てくるのです。

あと、単語には名詞や、動詞などと言うのがありますが、そこはあまり気にしないでも大丈夫です。
単語の意味さえわかれば動詞なのか、名詞なのかがだいたい分かってきます。

また、一つの単語に、いくつかの意味が付いているのがあります。しかし、そのような場合でも、一つの単語に対して一つの意味を勉強しておくようにしてください。
余裕があれば覚えてもいいのですが、一つの意味をしっていれば、英語の文章を読むことができます。

一通り、単語の暗記が終わればテストをします。因みに、一度で覚える単語の数は、100個ぐらいにしておきます。そして、テストで、まだ覚え切れていない単語があれば、また繰り返し声にだして覚えていくのです。
それが終わればまたテストをして、きちんと覚えられているかを確認していきます。
これを繰り返していけば、今の時間で100紺の単語を覚えきれた事になります。

人間の集中力と言うのは、1時間ぐらいしか持続しません。ですので、1時間したら、5分~10分は休憩を取るようにしてください。無理してそのまま続けても、きちんと暗記をする事ができません。

 

check

Last update:2015/9/4

▲ ページトップ

 

ホーム

家庭教師に依頼する

大学受験勉強をする前に

暗記の方法

英語の勉強方法

数学の勉強方法

現代文の勉強方法

古文の勉強方法

日本史の勉強方法

ご意見・ご感想

リンク集

リンクについて

当サイトは、リンクフリーとなっています。皆さんご自由にリンクを張ってください。張ってくれたら、とてもうれしいです。その際に、連絡などは不要です。また、バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

大学受験の為にのバナー

大学受験の為にのバナー

Copyright c 大学受験の為に.All rights reserved